日本人に英語を話しさせる専門家の説明によれば、英語を話すには3つの原則があると言うのです。

それは、


英語を話す原則1

   「話す」こと以外を切り捨てる  

     関係代名詞?過去完了形? そんなのは関係ありません。

     まずは簡単なことに絞り、わかるという喜びを感じながら

     手っ取り早く英語を話せるようになってしまったほうが、

     ずっと効率が良いとの事なのです。



まずは、英会話スクールに行くより【ネイティブ・イングリッシュ】です。
  

英語を話す原則2

   難しいことはやらない

     アメリカ人の子どもとあなたとでは、どちら方がうまいですか。

     アメリカ人の子どもですよね。

     とは言え、子どもですから難しい単語も使わなければ、複雑な構文も使いません。

     まずは、簡単なことから始めます。



それには、英会話スクールに行くより【ネイティブ・イングリッシュ】です。
  

英語を話す原則3

   忘れることを前提に勉強をする

     いくら覚えようと努力しても、時間がたてば忘れるのはどうしようも無いことです。

     だから、それを逆に考えて、 最初から忘れることを前提に勉強すればいいのです。



だから、英会話スクールに行くより【ネイティブ・イングリッシュ】です。
   




英会話スクールに行くより【ネイティブ・イングリッシュ】







それでは、英会話スクールに行くより【ネイティブ・イングリッシュ】の内容のほんの一部をご紹介します。


  英語を話せる人と話せない人の違いとは?


  アメリカの小学生が習う英語の発音習得メソッドとは?


  文法より、はるかに重要なコミュニケーションの要素とは?


  10レッスンでわかる英会話とは?


  会話を弾ませる疑問文の効果的な使い方とは?


                      ・・・・などなどです。



あなたが、ほんとうに
   
     「外国の人と仲良く、笑って話せるようになりたい」
 
     「海外旅行で不自由なくコミュニケーションを取りたい」

     「英語を話せるようになって、かっこいいと言われたい」

と、思っているのであれば、全額返金保証がついている
英会話スクールに行くより【ネイティブ・イングリッシュ】をおススメします。




いまなら、多数の豪華スペシャル特典が付いてきます。



CFDリスク